日本の世界ランキング

ランキングと言っても今ニュースでちらほら目にする国債ランク
A-とかじゃなくって「IMD」が格付けするランキングがあるのです。
「IMD」はスイスのビジネススクールで59の国と地域を対象に、
政府の効率性、ビジネスの効率性、インフラなど300項目を
評価して毎年発表しているのです。
ランク付けが始まった1990年から日本は4年間1位だったのに
2011年には何と26位までダウン。
その理由は、民間じゃなくって今も代表選で多数派工作に熱心な
政治家や何でもルーズな政府なのです。
例えばビジネス部門では・・・・・
○「高度な作業を任せられる人材が豊富」は6位、
○「民間の研究開発投資」は3位、
○「顧客満足を重視している」は2位と
                     高順位!(^^)!
だけど政府部門の項目では・・・・・
○「政府の効率性」は前年の37位から50位
 (※企業活動に適した環境を政府が提供しているかということ)
○「政策の適応力」は43位から55位、
○「政治の安定性」は41位から55位、
○「財政に健全性」は56位から58位
 (※これは何と財政破たんしたギリシャより低い)
○法人税の実効税率」は56位から59位
 (※最下位です)
政府部門で良かったのは
○十分な外貨準備」の2位
○「きちんとした納税システム」の12位
                     だけです(+o+)
これ見て皆さんはどう思います?
僕のひとり言・・・・・一時はGNP第2位経済大国になった日本
それにあぐらをかいた一部の政治家や官僚・・・・
賄賂・政治献金・天下り・・・・・・
政府がテコ入れする産業構造・・・・・
世界一勤勉で優秀な日本人、
「ゆとの教育」って本当に必要だったのかな?

100年、三世代を支える。100年、幸せを育む。

ご質問などお気軽にお電話ください

☎ 0596-58-8722
営業時間 AM10:00-PM6:00
定休日 水曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です