住宅関連の優遇が・・・・・・

皆さんがマイホームを考える時、僕でもそうですけどちょっとでも
特できたら・と思いますよね。
さの特が今年から来年にかけて廃止・縮小されていきます。
まず、「フラット35S」の当初10年間-1.0%の優遇が来月の30日の
申込みまでとなり、その後当初-0.3%の優遇も来年3月末までの
申し込みが対象となります。
次に贈与税の非課税枠も今年末までの贈与が対象。
例えば非課税枠は1110万円なので来年以降の贈与になると0円の
税額が275万円の税額が発生します。
そして、住宅ローンの減税制度も10年間で最大600万円
(長期優良住宅の場合)の控除も対象限度額が変わります。
ちなみに住宅ローン控除は平成25年までは継続されます。
あと家じゃないけど今設置される方が多い太陽光発電。
この太陽光発電設置の補助金も現在は1kw当たり48000円の
補助がありますが、これも今年の12月22日までの申し込みが
対象となっています。
また、この太陽光の余剰電力の買取り金額も現在の1kw/h当たり
42円も来年の3月末までの受給契約申込みまでとなっています。
と・色々書きましたが今まで書いたのは俗にいう「外的要因」です。
もう一つ大事な「内的要因」お一人お一人の家計の事情や仕事や
子育てなどです。外的要因だれ見て焦ってマイホームを急ぐのも
×とは言いませんが、2つの要因のバランスをちゃんと見て
お一人お一人の買い時を冷静に考えてみてください。
ほとんどの方は一生に一度の大きな買い物&借金をし
そして自分のお城を手に入れるのですから。

100年、三世代を支える。100年、幸せを育む。

ご質問などお気軽にお電話ください

☎ 0596-58-8722
営業時間 AM10:00-PM6:00
定休日 水曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です